色んな種類の薬

人の体はさまざまなものを取り込み、そして排出することで成り立っているものである。
たとえばご飯を食べ、便を出す。空気を吸って酸素を取り込み、二酸化炭素を空気とともに吐き出す。そして取り込むこと、そして排出することはともに重要である。ご飯を食べたまま何も出さないでいると、体内はすぐに排泄物でいっぱいになってしまう。あるいは二酸化炭素でいっぱいになる。人の生存はおぼつかない。というわけで、大小の便で消化後の老廃物を外に出し、呼吸で二酸化炭素を出してしまうのである。体内に毒素を溜めずに出すことで、人の体は生存はもちろん、はつらつとした健康を保つことができるのである。

しかし逆に言えば、排泄が滞ってしまうと健康が保てなくなってしまうことを意味する。たとえば水分を排出するための機能が上手くいかないと、体がむくんでしまったり高血圧になったりしてしまうのだ。体には必要のない水分がさまざまな部位にたまってむくみになり、血管の血液の量が多くなりすぎて血管が内側から圧迫され、高血圧症になる。
このような症状を解消してくれる薬について、ここでは解説していこう。その薬とは、尿の排泄を促進させる利尿剤と呼ばれる薬である。
特によくその名が知られているのはラシックスという名称の利尿剤である。ラシックスは高血圧症の治療薬として病院で処方されることがあり、またむくみ取りの薬として、特に若い女性の間でひそかな人気である。美にこだわりを持つ若い女性が、さまざまな原因でむくみが出てしまう体を気にしてラシックスを使っているのである。むくみが原因で加速していた肥満も解消できるという評判もある。
最近では、病院に行かずともこのラシックスを購入できる方法が確立されていて、そのためにより評判が高まり、人気が高まっているということもある。そのあたりのことも、記事の中では解説していきたいと思っている。

高血圧と利尿剤

シートに入っているピンクの薬

血管を内側から圧迫してしまう力が強まり、そのことでさまざまな病気の原因になってしまうこともある高血圧症。ラシックスは、この状態を改善する効果を持っている薬である。

むくみと利尿剤

白衣を着ている女性

ラシックスは顔や手足、さまざまな部位に見られるむくみを解消する効果がある利尿剤である。むくみは体の各部位が水分過多になってしまう状態であり、利尿作用でこれを解消するのである。

利尿剤の副作用

効果を実感している女性

ラシックスには目をみはるような素晴らしい効果がある、と同時に副作用もあるので注意したい。立ちくらみやムカムカなどがあるという。薬の量を調整するなどして、対処する必要がある。